お知らせ
2017/11/14
灘区民健康特別講座のお手伝いをしてきました。
2017/10/29
学会に参加してきました。
2017/10/22
インフルエンザワクチンが始まりました。

特定検診

予防接種に関して

健康診断について

季節の病気

ピロリ菌の除菌治療について

乳幼児の緊急対応

医療法人社団テレサ 堅田医院
〒657-0832
神戸市灘区岸地通5丁目3-17
TEL.078-871-6078 /
FAX.078-881-0379


阪急「王子公園」駅より徒歩3分。
山手幹線の「水道筋6丁目交差点」を南へ曲がり直ぐ。
印刷はこちら

アクセスはこちら

季節の病気

花粉症かなとおもったら

 毎年春の訪れと共に話題になる花粉症。
すでに診断されている方は憂鬱な季節がきたなと思い、マスク、ティッシュペーパー、飲み薬、毎日の花粉情報のチェックなどなど用意を始めるころではないでしょうか。
一方で自分はこれまでそんな症状もないから安心と思われている方も多いはず、しかし安心していてはいけません。
厚生労働省の全国調査で国民のおよそ20%が花粉症と診断されており、これまで症状がなかった方でも急に発症する可能性があるといわれています。

花粉症の症状とは?

一般的に花粉症といえば、鼻水、くしゃみと思われており、診断基準でもこれらが用いられます。
項目としては、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、鼻のかゆみ、目のかゆみ、涙目などを考慮します。
ただこれらの症状は風邪などの病気でも見られることなので、初めて症状が出てきた場合は診断が難しくなります。
 見分けるポイントとしては、もし風邪であれば、それらの症状と共に熱が出たり、鼻水が黄色っぽくなったりします。
また症状が2週間以上は続かない時が多いはずなので、長期間症状がみられる時は花粉症を疑ったほうがいいかもしれません。
確実な診断としては、血液検査で花粉に対してのアレルギーがあるか確認することです。

ただ普通2週間以上も鼻水が大量に出て、くしゃみが止まらないようなら病院を受診すると思いますので、つらい症状があれば我慢せずに早めに医療機関にかかることをお勧めいたします。
またある時期に限って鼻水がでるなど、期間限定で症状が出現する場合も花粉症を疑うポイントになります。

花粉症の治療方法とは?

治療法と言っても薬を飲んだり、点鼻薬を投与したりするだけですが、目的で2つに大きく分かれます。
それが対処療法と根治治療です。そのままですが、対処療法は今まさに困っている『症状を緩和』していくこと、根治治療は『症状がでない』ようにするための治療です。

対処療法ですが、鼻水、くしゃみ、鼻づまりなどに対して、抗ヒスタミン剤、抗ロイコトリエン剤、化学伝達物質遊離抑制剤の内服、点鼻用血管収縮剤、鼻噴出用ステロイド剤の局所投与を行い、目のかゆみなどに抗アレルギー、ステロイドの点眼剤などを使用していきます。
あくまでも患者さんの自覚症状を改善するのが目的ですので、症状と相談しながら病院で薬を決めてもらってください。
組み合わせも大切ですので、効果がないといって市販薬を大量に使うよりは、医療機関で相談するほうがいいと思います。

あと治療の大切なポイントとして、花粉が『飛散する前』から治療を開始することです。
体の中のアレルギー反応は一度刺激されると、その勢いを抑え込むのは大変なことです。
理想的にはアレルギー反応が起こらないことが理想的ですから、花粉が飛来して体が反応する前に、先ほど提示した治療を予め行い、予防することがとても大切になってきます。

次に根治療法ですが、これはなにも特殊な治療を指すわけではありません。
症状がでないようすることが目的ですので、まずは花粉に触れないようにすることです。
ただ現実的に全く触れないことは不可能ですので、次に挙げるセルフケアを覚えてもらい花粉の接触を減らしてみましょう。

花粉症のセルフケア

花粉情報に注意して、花粉の飛散が多い日は、外出を控えたり窓や戸をしっかり締めておく。
花粉飛散の多い日に外出するなら、マスクや眼鏡を着用する。
外出時の服装として、表面が毛羽立ったものは避ける。(花粉が付着しやすいので)
帰宅時には、花粉を室内に持ち込まないように、衣服や髪の毛をよく払い、洗顔、うがいを行う。
花粉が室内に留まらないように、よく部屋の掃除を行う。

その他の根治治療として、花粉に触れてもアレルギー反応を起こさないようにする治療があります。
減感作療法といい、少しづつ花粉のエキスを体に投与して、花粉症に対する防御免疫を獲得させる方法です。
この治療法は専門の知識が必要となりますので、大学病院や基幹病院で行われることが多く、治療期間も1~2年と長期間にわたります。
症状が重かったり、本人の強い希望がある場合に限り治療を行っています。

花粉症のポイント

  • 花粉症かなと思ったら医療機関で診断を受ける。
  • 花粉症と診断されたら、症状が出る前に内服薬を飲み始めて予防する。

 

神戸市灘区王子公園 小児科内科 堅田医院